2017年07月27日

生活習慣からの不妊症


婦人科の部分に何も問題はないが、なぜか妊娠しにくいという37歳女性。

「ラストチャンスです」と妊活・不妊症治療を開始されました。

伺えば、毎日の多飲酒とガイドブックに載っているような激辛の料理を食べ歩くのが習慣だと言います。

生活習慣からの脾気虚。からの妊娠しにくい状態が考えられます。


MP900386362[1] - コピー[1].jpg


辛いものは体を温めますが、度を超えた激辛は交感神経緊張により逆に辛さの後に「寒気」が訪れることもあります。

酒も体を温めますが、深酒は残ったアルコールの熱が湿っ気として体にとどまり「陽気」が体中を巡るのを邪魔してしまうものです。

母体(婦人科部位)を滋養する営気が飲食不節制・消化吸収障害により滞ってしまうタイプと考えられます。

この場合、督脈を通し膈(横隔膜)を開く治療により
体で産生された栄養やエネルギーが全身に(心)にうまく分配され、
婦人科の部位を滋養し活力を回復させるような改善を目指していきます。


j0321053.jpg


「妊娠したらお酒も激辛もやめなくちゃいけないんで・・・」と仰られていましたが、そうではないと思います。

お腹の赤ちゃんが嫌がる行為は、
これからやってくる赤ちゃんだってすでに嫌がっているのではないでしょうか。

「妊娠」そのものはスタートでもゴールでもありません。

どんなに努力しても赤ちゃんを諦めなければならない方もいらっしゃいます。

「治療だと思って深酒と激辛は妊娠前から控えてください。」とご説明して施術を終えた次第です。

江戸川区小岩 千葉訪問出張 鍼灸治療 小児鍼 不妊症治療
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com
posted by はなのやま at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊・不育症治療

2017年02月06日

小児の視力と眼心身症

赤ちゃんは全員「老眼(遠視)」で生まれてきます。ピントを合わせる筋肉や機能がまだ未発達だからです。目の前の物はぼやけてしまいハッキリと見えてはいません。老化でピントを合わせる機能が衰える「老眼」と同じ状態がしばらく続きます。

「遠視」に近い状態から成長とともにピントの機能が備わってきます。中にはゆっくりとピント機能を身に着ける子もいます。幼児・小学校低学年くらいで遠視と診断されても成長とともにひとりでに治ってしまう子も多いのです。

常々、眼(目)の本質とはいかなるものかを考えます。カメラの修理のみを追うような解剖生理学・病態生理学では測れない眼(目)の本質とは何か?

DSC03308[1].JPG

眼とは飛び込んでくる光を吸収する器官です。光を「極陽(プラス)」と考えれば目は「極陰(マイナス)」とも考えられます。

また顔面部を走行する陽経の経絡も目の周辺に集まっています。まるでブラックホールに吸い寄せられる光の様に、走行の軌道を屈折させてまで眼の周辺に集まっています。眼とは光が吸い寄せられる、かなり陰性の強い器官と言えるのではないでしょうか。

人体で陰性の働きをする機能としては、腎(老陽)、肝(少陽)であります。
腎の乱れは「疲労・老化・立ち仕事・冷え・不安・焦り・驚き(ショックな出来事)」などからおこるとされています。
肝の乱れは「歩きすぎ・動きすぎ・アルコールの多飲・薬剤の常用・怒り・ストレス」などからおこるとされています。

niti2.jpg

「眼心身症」という症状があります。ベトナムや中東で戦ってきた(惨状を目の当たりにしてきた)兵士が帰国後発症する急激な視力の低下です。眼の機能には何ら異常は見つからないのでそうです。原因不明の「目に写ったものを脳が映像として上手に処理することができない」状態です。

まるで目からの情報をストレス源ととらえ入力をシャットアウトしているようにも思えます。惨状を見てしまった、日常ではありえない地獄絵図を経験してしまった事による「PTSD(外傷後ストレス障害)」の一種ととらえても良いような気さえしてきます。

また米国の研究・統計によると「眼心身症」を発症するもう一つの要因には「親の過干渉」があるそうです。

hojyo2.jpg

いずれにしても、人間の眼(目)とは単なるカメラの役割だけではなさそうです。腎と肝、強い陰虚(陰の力が弱る)ことで「光を吸い込むブラックホールの力が弱まっている」と私は考えます。

マッサージやリラクゼーションなどを受けた直後に目がスッキリパッチリされた経験のある方もいらっしゃると思います。陰性(腎・肝)を補う東洋的な治療で、(一時的にでも)近視が改善する場合が多々あります。子供ほど顕著です。

視力の問題に関しては「カメラの修理」だけではない、他からの要因の改善も治療の対象だと考えています。全身(心)のバランスを整えていく東洋的な考え方に基づいた治療もぜひ取り入れてみられてはいかがでしょうか?

江戸川区小岩 千葉訪問出張
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com
posted by はなのやま at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 神経内科疾患

2016年06月30日

梅雨時の疲労感・だるさ・眠気

梅雨の季節、体が重ダルい、動くのがしんどい、午後にモーレツ(古)な眠気が襲ってくる、という方が多いように思います。

体重は同じはずなのに、体が重だるい日と軽くて調子の良い日があります。不思議に思いませんか?

体を重く感じるか軽く感じるかは脾胃(胃腸・消化系)の機能の良し悪しに左右されます。

体は、まるで計算できる意志を持つかの様に、胃腸の調子が良くない日は体をだるく感じさせ消化促進の為に余計に動き回らせないようにします。消化にはかなりの体力を必要とするからです。

MP900430858.JPG

この時期は湿気が胃腸を乱します。乳幼児を含めて特定のツボに反応が現れますのでソコを用いて「お腹の湿気抜き」を行います。

MP900430467[1][1].jpg

疲労や冷えを軽減し湿気に負けない体力を回復する事、
良い汗・良いオシッコをする為に体を休め温める事、
梅干しや酢の物など胃腸の疲労回復をアシストしてくれる副食の摂取など。
可能であればお食事を抜いて胃腸の仕事を減らしてあげるのもいいかも知れません。

梅雨時だけの症状で終わればよいのですが、胃腸へのケアが無ければ夏バテを経て秋冬にまで疲労感やしんどさは続く事もあります。

毎年の事ではありますが、今年も早めの湿気抜き対策をお勧めいたします。

江戸川区小岩 千葉県訪問出張
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com
posted by はなのやま at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 不定愁訴