2017年09月25日

脳血管障害後遺症からのリハビリ〜社長と従業員の仲直り〜

ご高齢になられてからの転居、引っ越し。
何十年も親しんだ「故郷」「ご近所の付き合い」と別れを告げて。

転居されてからあっという間に ストレス・不安からか
脳血管障害を患い 
寝たきりに、半身不随に、精神的・心の疲れの症状に、認知症に
なられる方も少なくないように、日々の訪問治療で思います。

MP900382995 (1).JPG

東洋医学でいえば、やはり極度の「上実下虚」からといえるでしょう。
頭がのぼせイライラし、体が冷え重くなっていきます。

ストレス・疲労・心労・不安などなど、
体内で熱と冷えが両極端に分離した状態が続いていきます。

それは、ちょうど昔の沸かしたお風呂のよう。
頭の方に「あんこ」の偏ったたい焼きのよう。

治療や健康促進とは、お湯をかき混ぜたり、あんこを全身均等に延ばすこととも言えます。

8eaac0772663446a14f3d24c17fe7756_m.jpg

頭皮に鍼を置き、後遺症や麻痺からのリハビリを促進する中国式の鍼治療があります。
ですが、そのような治療を行う場合でもその前に
必ず体を温め緩め、動きやすくさせる土台作りの治療がリハビリの効果を高めていくと実感しています。

MP900439289[1].jpg

脳と体も、会社の社長と従業員さんと同じ関係だと思います。

ストライキを起こした従業員さんと少しでも仲直りするには
社長の強引なお説教や命令の前に
社長自ら一人ひとりお酌をして回り、感謝の気持ち・金一封?などをして、
従業員さんの気持ちを温かく柔らかい状態にすることが先決なのではないでしょうか。


社長は冷静であまり興奮せず(少し頼りない位を演じて)
従業員さんはHOTで、温かく柔らかい(=実行優先)で会社を盛り上げやりがいを感じる会社。
そんな主従関係が維持できていたら、その会社はきっと強く大きくなっていくように思います。


この方の場合、何十年来の友人、ご近所や故郷を失った悲しさや喪失感、「しょうがない」の無力感、孤独感をいたわり、受け止めて癒して差し上げることが根源的な治療の一端を担う可能性もあります。

DSC03248[1].JPG

訪問治療の現場においても、
まずは温かく柔らかい体の土台を作り、冷えていた両手両足が温かく変化したのをご家族に確認いただいてから、リハビリ促進の為の治療を行います。

また、運動や感覚の障害を抱えた状態では、語らずとも日々尋常ではないストレスが蓄積されている状態だとも考えられます。それによっても二次的にお体を冷やし、動きにくい(回復しにくい)体になっていくと考えられます。そのようなストレスを軽減させる治療もリハビリ前に加えておくことも望ましいでしょう。

人間の機能回復リハビリとは、機械の慣らし運転や故障部位の稼働テストとは違います。
必ず全身(心)の温かく休まった状態が効果に大きく関わってきます。リハビリに対する「やる気」「積極性」にも関わってきます。

DSC03308[1].JPG

会社の問題(体の症状・患部)を改善する為には、まずは「従業員さん」に感謝し慰労する気持ち、気持ちよく働いていただこうという意識から始まるのだと思います。

治りやすい、治りにくいとは、ある意味、そういう事と同じではないでしょうか。

一見わががままワンマン社長と思われる方でも、実際には身内・社員には情が深く
深いところで従業員さんに愛され慕われているものです(笑)。


江戸川区小岩 千葉・訪問出張 
鍼灸積聚(しゃくじゅ)治療 小児鍼治療 不妊症治療
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com
予約制・不定休(日曜・祝日も可)
posted by はなのやま at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳梗塞・脳血管障害

2017年08月05日

生理痛のない子宮内膜症

他の症状の治療を行いながら「子宮内膜症」のご相談をいただく事も多いです。

症状の差こそあれ子宮内膜症そのものはかなりの割合であるのではないかと思います。

生理痛がかなりひどい、お腹が張って動けない、など日常生活にも支障が出る場合も少なくありません。

子宮内の筋層や卵巣部位にできる内性内膜症、腹膜や骨盤周りにできる外性内膜症に分類できます。
両方にできる方もいらっしゃいます。

fef1d8b97ca1b27326cbcc66bcbcb10f_m.jpg

臨床上、重症化しやすいと思われるのが全く痛みや症状のない子宮内膜症です。
痛みもお腹の重さもなく、生理中の下痢もなく、月経前症候群もなく、いたって月経は正常。ですが内膜症は存在する場合。

gf01a201409232000[1].jpg

月経の痛みを起こすのはプロスタグランジンE2という神経伝達物質です。

これは子宮を強く収縮させる為の物質です。子宮の中にできた不要物を排出させる作用を持ちます。

つまり子宮の不要物を捨てる量が多いほど、作用が強いほどに生理痛も強いとも言えます。

子宮に内膜が蓄積された方などは生理中ずっとこの収縮が繰り返されますので、強い生理痛が長引くこともあるのです。ここでいう不要物とは妊娠の為に用意されたが使われなかった子宮内膜の事です。

この収縮作用は近くにある直腸の蠕動運動にもかかわります。大腸を収縮させる作用も持ちます。これが生理中に下痢をしたり、お通じが緩くなる原因です。

DSC03308[1].JPG

生理痛が無い、ということは良い事のようにも思えますが、人によってはこのプロスタグランジンがうまく働いていない可能性もあります。

生理痛はないが同時に、子宮の中の不要になった内膜を十分に捨てる力も弱い、と言えるかもしれません。

東洋的な考え方に基づいた鍼灸治療では、全身(心)の陰陽バランスを調整する事でこのような婦人科の症状を改善させることを目指していきます。

プロスタグランジンを出すツボというのは存在しませんが(笑)、
治療を重ね、自宅温灸を繰り返していただくうちに
1日から2日の生理痛が現れ、お通じも緩くなる変化が現れてきます。

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_m.jpg

内膜症も悪化すれば重篤な婦人科の病気につながります。妊娠もしにくくなります。症状がない内膜症は発見も遅れ危機感も薄くなります。

「生理痛がある方が子宮内が綺麗になるのです」とご説明すると、ご理解いただける場合も多いです。

東京都江戸川区小岩 千葉県訪問出張 鍼灸積聚治療 小児はり治療 不妊症治療
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com
posted by はなのやま at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性の症状

2017年08月03日

偏食からの月経困難症

ひどい生理痛に悩まれている女子大生がいらっしゃいました。

月経がはじまると3日はベッドから動けないレベル。

周期は正確ですが、月経期間も長引きがち。

これといった冷えもなく、婦人科の診断では
子宮内膜症も子宮腺筋症も子宮筋腫も確認できないとのことでした。

予診で伺えば、偏食(好き嫌い、食べたり食べなかったり)が相当のもの。
中学生になった頃より家族との会話もなくなり、
部屋にこもりがちになり、家のご飯を食べなくなったとのことです。

足の指を問えば、左親指が巻き爪のような痛み。
左右人差し指の爪だけ黒っぽく変色しています。

hojyo2.jpg

婦人科の器官も後天的な栄養や休養によって滋養されています。
食べたものが各組織に十分に回らなくなると機能失調を引き起こします。

脾胃の経絡の虚が原因になっている可能性が考えられます。

女子胞(子宮)から衝脈という経絡がスタートします。
衝脈は脾経の経絡上を走行します。

脾胃虚による月経困難症として
全身(心)から補う治療を行いました。

現在では、生理痛がしんどいのは一日だけ。
それさえ無い月も出てきています。
月経期間も5日程度で長引くことはなくなりました。

まだ治療そのものは終了してはおりませんが、
生理痛が日常生活や学業・バイトに支障をきたすことはなくなりました。

終始、治療の指標にしていたのは左右人差し指の爪の色の改善と
左足親指の巻き爪様の傷みの解消でした。
この部位は胃経と脾経が末端で乗り継ぐ場所です。
現在はどちらも改善され、大学の課題などで寝不足が続いた時などに
多少巻き爪様の傷みが出る程度になりました。

6b4fdbe2372ec201f64b3b09bab972dd_m.jpg
もっと治療を重ね、より根源的な原因を探していけば
思春期に偏食がスタートした内因的・精神的な原因に行きあたるかもしれません。
また患者さん本人は、とうにそれに気づかれているかも知れません。

婦人科の症状の原因とは、かなり多岐にわたります。
現在ガマンされている症状の辛さも、
スタートは思春期の心の不安定さや生活習慣の乱れからかもしれません。

まだ年齢が若かった事もあり、
ピルなどの月経を抑制する治療にいたらなくて良かったのでは、と思う次第です。

江戸川区小岩 千葉訪問出張 鍼灸積聚治療 小児はり治療 不妊症治療
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com

千葉訪問治療のFacebookページ
https://www.facebook.com/hanahariq/
posted by はなのやま at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性の症状