2018年01月12日

記憶の苦しみ〜リウマチ様症状 自己免疫疾患 心身症〜

長期にわたり虐げられ続けてきた人は、自分を虐げてきた人間が亡くなっても、虐げられた環境が消え失せても苦しみ続けることが多いように思います。

当時の記憶の片鱗でもある限り、タイムマシンに乗ったかのように当時にフィードバックしてしまうのかも知れません。虐げられた記憶により苦しめられている方もいらっしゃるでしょう。

gf01a201409232000[1].jpg

その万年雪のような、声にできない苦しみを、声に代わり訴えてくれているかのような様々な機能異常や痛み。多くは膠原病やリウマチ様症状、自己免疫疾患、様々な心身症に現れることも多いように日々の臨床では感じます。

「何十年も苦しんできた自分の辛さを知って」
「私の苦しみがちょっとやそっとで治ってたまるものか」

治りたい表在意識とは真逆の深層心理が患者にはあるのだと学びました。重症や難治だと告げられるほど満たされる「気づいて」の深層心理。

11131742_1397315520587954_961327275_n[1].jpg

「済んだことは水に流して忘れて、自分が変わるしかないですよね」 まるで自分に言い聞かせるようにおっしゃる昨日の女性患者さん。

頭ではわかっていても、本当は水に流せるわけがない。過去形にできるわけない。実際に理不尽に服従させられ苦しめられ、みじめな思いもさせられたのだから。

DSC03248[1].JPG

理不尽に味わった苦しみも、記憶の中の苦しみも
地獄の番犬のようにいつまでもどこまでも追いかけてくるでしょう。

患部に小手先で打つような鍼など、その方にとってなんの意味があるでしょう?
その人を知り、万年雪を少しずつでも溶かしていくような治療が必要になります。

東洋的な考え方に基づいた治療とは、心身一如の考え方がベースになっています。
「あらゆる症状・機能異常・未病も七情(人間の持つ感情)の乱れから起こりうる」と考えます。

心身を温め緩める全身(心)の治療では、少しずつでも心にスペースが生まれるように思います。

苦しんだ記憶そのものを治療で消すことはできないでしょう。
それでも追いかけてくる記憶に振り回され、心身ともにいっぱいいっぱいになり「現在をロスしてしまう事」を減らすお手伝いはできる可能性はあると信じます。

江戸川区小岩 千葉県訪問出張(日月火) 
鍼灸積聚(しゃくじゅ)治療 乳幼児小児鍼治療 不妊症治療
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com
0120-012-850
posted by はなのやま at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 内分泌・自己免疫疾患

2013年09月20日

橋本病・慢性疲労症候群・慢性リウマチの未病治

dousi.jpg

甲状腺機能低下症の治療。頸動脈洞刺。
「橋本病」と診断されるのは症状や検査結果が顕著な有症者の約5%。
残りの95%は原因不明の体のだるさとして片づけられる。
「症状や検査結果が悪化しない限り病名をつけてもらえないので
早めに受診してもイミがない。」 写真の女性は施術中にそうもらした。

慢性疲労症候群もしかり。
患者は原因不明の疲労感や起き上がれない位の身体の痛みを訴え受診する。
特発性=「原因不明」と診断された場合、精神的なものか?と不安になり心療内科を受診する患者も多い。
「慢性疲労症候群」の診断基準には、精神疾患に起因しない事と定義されている為、心療内科でどんなに軽めの投薬治療を行っても、診断基準から外れてしまうので病名を付けてもらうのが難しくなる。

RA(慢性関節リウマチ)もしかり。
血液検査でCRPのみ陽性で、赤沈もリウマノイド因子も確定できないと、多くは原因不明のリウマチ様関節症状と診断される。進行して手の指が変形をきたして再度血液検査をすると後からリウマチ因子が発見されることも少なくない。病名がつくとスタインブロッカーという診断基準により介護認定の認められやすさにも違いがあるらしいが。
僕が初めて往診に伺った慢性関節リウマチの女性がそうだったし、「夜にこわばったり」「左右非対称にこわばったり」、開業してからも定義やマニュアル通りに進行していくリウマチの方が少ない感じがした。

原因不明と診断されて、わざわざ東洋的な治療を望む方にはそんな遠回りな事情がある方が多い。
気仙沼の仮設住宅では、加えて慢性的な不眠とストレス(と恐怖体験)からの腎虚証、肝実証による肩・手指の動作痛、足底の歩行時痛、脳圧の亢進と思われる慢性頭痛、難聴がみられた。お話を伺うと病院での受療をあきらめた人も何名かいらした。

アウトローな治療のようで、自律神経失調や自己免疫異常に、ストレスから逃れるために脳が作り出す幻痛に、甲状腺疾患に、この頸動脈洞刺は効果は高いように思う。慢性的な緊張やストレスで硬く張った腹の深部がゆるみ柔らかくなる。

仮設住宅では、名前も年齢も知らず、問診もできずに施術はスタートする。それでも120世帯をこえる仮設住宅だと僕一人で全員施術するにはギリギリだ。このような裏ワザあり(笑)。なりふりかまっちゃいられない。未熟者ゆえ全員をラクにはできないけれど、「被災地のボランティアだからこの位でいい」というのは自分的には許されない。
posted by はなのやま at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 内分泌・自己免疫疾患