2017年07月25日

不眠の改善

不眠・浅眠でお悩みの方も少なくないと思います。

疲れているはずなのに眠れない、寝不足のはずなのにすぐに目が覚めてしまう。など。

生理学的には、睡眠作用のある「メラトニン」という物質を作るため、早朝の朝日を一杯浴びてセロトニンを沢山分泌させるのが良いとされています。また入眠作用のある音楽や紅茶、アロマなども一般的に知られるところではないでしょうか。


DSC03308[1].JPG


東洋医学的には体内の「陰」が小さくなると眠ることが苦手になるとされています。

陰が小さくなってしまうとは、

疲労の蓄積、気疲れ、不安ストレス、飲食の不摂生、運動不足、冷飲食、アルコール過多、昼夜逆転の生活などなど、

現代病と言ってもいいくらいの様々な原因が考えられます。

□□

小さくなった陰を補充するには、まず陽気を大きくしなければなりません。

陽気の補充には

朝日(日光)を一杯浴びる、栄養・休養を充実させる、冷えた体を温める、愛される、評価される、適度に運動をする、生活や進路の不安を解消する。などが考えられます。

すぐに改善できるもの、時間のかかるもの、自分の力だけではどうしようもないもの。

夏は陽気を補充するシーズンです。外気をうまく取り入れ汗をかき、体に陽気が蓄積されるとされています。

ですが、一概に陽気を増やすといっても、ストレスフルな現代では原因からの改善は簡単ではないのかも知れません。

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_m.jpg


陽気を補充する方法としましては「じっくりとおへそを温める温灸」が有効であると思います。

おへそとは「先天の気=元気の源」に非常に大きくかかわる場所であり、体内に深くかかわる場所でもあります。ここから熱を体内に補充していくイメージでしょうか。

おへそ灸の良いところは、陽気の補充に即効性の見られるところです。

施灸中に寝てしまう方も多々おられます。冷え性の改善にも効果的です。


MP900430858.JPG


眠れないということは、日常生活にも支障をきたすでしょうし、大げさに言えば(長引けば)生命活動にも関わってきます。不眠から一番心配されるのはうつ病などの精神疾患でもあります。

辛い不眠症も「病気じゃないから」と我慢されてしまわずに、ぜひ一度ご相談をいただけたらと思います。

江戸川区小岩 千葉県訪問出張 積聚治療 小児鍼 不妊症治療
はなのやま鍼灸院
詳しくは
http://hananoyama-hariq.com
posted by はなのやま at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 不定愁訴

2016年06月30日

梅雨時の疲労感・だるさ・眠気

梅雨の季節、体が重ダルい、動くのがしんどい、午後にモーレツ(古)な眠気が襲ってくる、という方が多いように思います。

体重は同じはずなのに、体が重だるい日と軽くて調子の良い日があります。不思議に思いませんか?

体を重く感じるか軽く感じるかは脾胃(胃腸・消化系)の機能の良し悪しに左右されます。

体は、まるで計算できる意志を持つかの様に、胃腸の調子が良くない日は体をだるく感じさせ消化促進の為に余計に動き回らせないようにします。消化にはかなりの体力を必要とするからです。

MP900430858.JPG

この時期は湿気が胃腸を乱します。乳幼児を含めて特定のツボに反応が現れますのでソコを用いて「お腹の湿気抜き」を行います。

MP900430467[1][1].jpg

疲労や冷えを軽減し湿気に負けない体力を回復する事、
良い汗・良いオシッコをする為に体を休め温める事、
梅干しや酢の物など胃腸の疲労回復をアシストしてくれる副食の摂取など。
可能であればお食事を抜いて胃腸の仕事を減らしてあげるのもいいかも知れません。

梅雨時だけの症状で終わればよいのですが、胃腸へのケアが無ければ夏バテを経て秋冬にまで疲労感やしんどさは続く事もあります。

毎年の事ではありますが、今年も早めの湿気抜き対策をお勧めいたします。

江戸川区小岩 千葉県訪問出張
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com
posted by はなのやま at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 不定愁訴

2015年07月09日

原因の特定できない肋間神経痛

原因の特定できない肋間神経痛に苦しまれる方は少なくありません。

当院における「肋間神経痛」に効果の高かった治療法としては
奇経としての三焦経・胆経の組み合わせ応用があります。

患側の前腕後面にある三焦経という経絡の2経穴。
患側の下腿外側にある胆経という経絡の2経穴。

こわばりや響きのある2点(4点)を良くもみほぐしても良いと思います。
四肢(腕や脚)のマッサージで肋間神経痛が緩和されることはよく知られています。

持続的な刺激には、ご家庭では〇ップ〇レキバンを二つ用意して
一方の磁石だけ表裏をひっくり返して(極性を変える)
2点のツボ間に流れを作るというやりかたもあります。
プラスのツボ(主穴)とマイナスのツボ(客穴)があるので
実際に貼り変えて効果をみて決めるのが良いと思います。

gf01a201409232000[1].jpg

加えて言えば、この奇経治療の応用で改善するタイプの肋間神経痛は
原因が特定できない場合が多いように思います。

この場合当院では、人体が持つ生体電流の乱れによる
器質的な原因の無い「痛覚の投射」の可能性も考えて治療を組み立てていきます。

生体電流の乱れと言えば、例えば
@蓄積された疲労・冷え・ストレス・不眠や過食など生活環境によるもの

Aまた、異なった金属による歯の詰め物間に生じるガルバニー電流による生体電流の乱れも考えられます。
その場合伺ってみますと肋間神経痛だけでなく、

取れない疲労感、免疫力の低下、リウマチ様関節のこわばり、患側にだけ偏った関節痛・神経痛、血圧の亢進、血糖値・中性脂肪値の上昇、花粉症などのアレルギー、精神疾患、不眠や偏頭痛、月経不順などの不定愁訴
も持たれている可能性もあります。
*念のため、歯科治療の詰め物や、治療後の味覚の変化・アルミ箔を噛んだようなギリギリした感覚の有無についても伺いながら治療を行います。

j0321053.jpg

肋間神経痛については「鎮痛」のみを目的とせず、東洋的な考え方に基づき、全身(心)の状態を改善する一つの指標と考えた方が良い結果が得られるように思います。

また東洋医学においては、生体電流の乱れによる原因の特定できない症状の改善には数百年前から経絡を利用した治療が行われてきました。

ストレスフルな現代、人々の生活環境は大きく変化しても疲労やストレス・冷え・生活習慣の不摂生から生じる不定愁訴や原因の特定できない痛みについての苦しみは今も昔もそう変わらないという事でしょうか。

江戸川区小岩 千葉県内訪問出張
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com
posted by はなのやま at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 不定愁訴