2017年02月06日

小児の視力と眼心身症

赤ちゃんは全員「老眼(遠視)」で生まれてきます。ピントを合わせる筋肉や機能がまだ未発達だからです。目の前の物はぼやけてしまいハッキリと見えてはいません。老化でピントを合わせる機能が衰える「老眼」と同じ状態がしばらく続きます。

「遠視」に近い状態から成長とともにピントの機能が備わってきます。中にはゆっくりとピント機能を身に着ける子もいます。幼児・小学校低学年くらいで遠視と診断されても成長とともにひとりでに治ってしまう子も多いのです。

常々、眼(目)の本質とはいかなるものかを考えます。カメラの修理のみを追うような解剖生理学・病態生理学では測れない眼(目)の本質とは何か?

DSC03308[1].JPG

眼とは飛び込んでくる光を吸収する器官です。光を「極陽(プラス)」と考えれば目は「極陰(マイナス)」とも考えられます。

また顔面部を走行する陽経の経絡も目の周辺に集まっています。まるでブラックホールに吸い寄せられる光の様に、走行の軌道を屈折させてまで眼の周辺に集まっています。眼とは光が吸い寄せられる、かなり陰性の強い器官と言えるのではないでしょうか。

人体で陰性の働きをする機能としては、腎(老陽)、肝(少陽)であります。
腎の乱れは「疲労・老化・立ち仕事・冷え・不安・焦り・驚き(ショックな出来事)」などからおこるとされています。
肝の乱れは「歩きすぎ・動きすぎ・アルコールの多飲・薬剤の常用・怒り・ストレス」などからおこるとされています。

niti2.jpg

「眼心身症」という症状があります。ベトナムや中東で戦ってきた(惨状を目の当たりにしてきた)兵士が帰国後発症する急激な視力の低下です。眼の機能には何ら異常は見つからないのでそうです。原因不明の「目に写ったものを脳が映像として上手に処理することができない」状態です。

まるで目からの情報をストレス源ととらえ入力をシャットアウトしているようにも思えます。惨状を見てしまった、日常ではありえない地獄絵図を経験してしまった事による「PTSD(外傷後ストレス障害)」の一種ととらえても良いような気さえしてきます。

また米国の研究・統計によると「眼心身症」を発症するもう一つの要因には「親の過干渉」があるそうです。

hojyo2.jpg

いずれにしても、人間の眼(目)とは単なるカメラの役割だけではなさそうです。腎と肝、強い陰虚(陰の力が弱る)ことで「光を吸い込むブラックホールの力が弱まっている」と私は考えます。

マッサージやリラクゼーションなどを受けた直後に目がスッキリパッチリされた経験のある方もいらっしゃると思います。陰性(腎・肝)を補う東洋的な治療で、(一時的にでも)近視が改善する場合が多々あります。子供ほど顕著です。

視力の問題に関しては「カメラの修理」だけではない、他からの要因の改善も治療の対象だと考えています。全身(心)のバランスを整えていく東洋的な考え方に基づいた治療もぜひ取り入れてみられてはいかがでしょうか?

江戸川区小岩 千葉訪問出張
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com
posted by はなのやま at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 神経内科疾患