2017年02月06日

小児の視力と眼心身症

赤ちゃんは全員「老眼(遠視)」で生まれてきます。ピントを合わせる筋肉や機能がまだ未発達だからです。目の前の物はぼやけてしまいハッキリと見えてはいません。老化でピントを合わせる機能が衰える「老眼」と同じ状態がしばらく続きます。

「遠視」に近い状態から成長とともにピントの機能が備わってきます。中にはゆっくりとピント機能を身に着ける子もいます。幼児・小学校低学年くらいで遠視と診断されても成長とともにひとりでに治ってしまう子も多いのです。

常々、眼(目)の本質とはいかなるものかを考えます。カメラの修理のみを追うような解剖生理学・病態生理学では測れない眼(目)の本質とは何か?

DSC03308[1].JPG

眼とは飛び込んでくる光を吸収する器官です。光を「極陽(プラス)」と考えれば目は「極陰(マイナス)」とも考えられます。

また顔面部を走行する陽経の経絡も目の周辺に集まっています。まるでブラックホールに吸い寄せられる光の様に、走行の軌道を屈折させてまで眼の周辺に集まっています。眼とは光が吸い寄せられる、かなり陰性の強い器官と言えるのではないでしょうか。

人体で陰性の働きをする機能としては、腎(老陽)、肝(少陽)であります。
腎の乱れは「疲労・老化・立ち仕事・冷え・不安・焦り・驚き(ショックな出来事)」などからおこるとされています。
肝の乱れは「歩きすぎ・動きすぎ・アルコールの多飲・薬剤の常用・怒り・ストレス」などからおこるとされています。

niti2.jpg

「眼心身症」という症状があります。ベトナムや中東で戦ってきた(惨状を目の当たりにしてきた)兵士が帰国後発症する急激な視力の低下です。眼の機能には何ら異常は見つからないのでそうです。原因不明の「目に写ったものを脳が映像として上手に処理することができない」状態です。

まるで目からの情報をストレス源ととらえ入力をシャットアウトしているようにも思えます。惨状を見てしまった、日常ではありえない地獄絵図を経験してしまった事による「PTSD(外傷後ストレス障害)」の一種ととらえても良いような気さえしてきます。

また米国の研究・統計によると「眼心身症」を発症するもう一つの要因には「親の過干渉」があるそうです。

hojyo2.jpg

いずれにしても、人間の眼(目)とは単なるカメラの役割だけではなさそうです。腎と肝、強い陰虚(陰の力が弱る)ことで「光を吸い込むブラックホールの力が弱まっている」と私は考えます。

マッサージやリラクゼーションなどを受けた直後に目がスッキリパッチリされた経験のある方もいらっしゃると思います。陰性(腎・肝)を補う東洋的な治療で、(一時的にでも)近視が改善する場合が多々あります。子供ほど顕著です。

視力の問題に関しては「カメラの修理」だけではない、他からの要因の改善も治療の対象だと考えています。全身(心)のバランスを整えていく東洋的な考え方に基づいた治療もぜひ取り入れてみられてはいかがでしょうか?

江戸川区小岩 千葉訪問出張
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com
posted by はなのやま at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 神経内科疾患

2013年06月24日

慢性疲労症候群(Chronic Fatigue Syndorome)

慢性疲労症候群(Chronic Fatigue Syndorome)

【概念】

原因不明の重い疲労(労働や運動などが原因でないことが明らかなもの)が6ヶ月以上続き、
日常生活に支障をきたす状態

完治例は少ないが対症的に投薬治療による疲労の軽減は可能とされる

更年期障害や自律神経失調症などの疾患、鬱などの精神疾患と誤診されることも多い

【症状】

@半年以上続く微熱(解熱剤などがあまり効果がないという特徴がある)

A全身倦怠感:日常生活に支障をきたすほどの倦怠感。
*仕事や育児や介護などで、原因がはっきりしている場合は
「慢性疲労」とし慢性疲労症候群とは区別する

B筋肉痛(腰・肩・腕・脚・背中などの特定部位に)
激しい運動後の筋肉痛に近い痛み
*動けないほどの痛みが出ることも

C睡眠障害
睡眠不足:寝つきが悪い、浅眠、早朝覚醒など

睡眠過剰:一旦眠ってしまうとなかなか起きられない
昼間の異常な眠気で寝てしまう

*不足と過剰が同時にでることもある

D気分障害
鬱に良く似た症状 精神活動の妨げになることも

憂鬱感や気分の落ち込みが続いて仕事を休んでしまうことも(疲労倦怠もあり)
「やる気が出ない」「何も手につかない」「続かずやめてしまった」など

E注意力の低下
注意力・集中力の散漫(鬱の症状でもある)
物忘れ、最近のことを記憶できないなど認知症様になることも

F喉の痛み(リンパ節の腫脹を伴うことも)
風邪を引いた時のような痛み 咳が止まらない
*CFS発症時に出やすく、最初「治りにくい風邪」として勘違いしてしまい、
CFSの検査や診断が遅れることも

G過敏性
光や明るさに対して過敏になる 化学物質や食物に対するアレルギーが悪化

H多汗
暑くて、汗が止まらない
就寝中、朝起きた時に寒気がするほどの寝汗をかいてしまうこともある


【原因】

不明 
あらゆる年代や職業に発症が確認されている 検査では「異常ない」が微熱や疲労感続く

位置情報原因もしもその@ウィルスへの感染が関連?
何らかの原因で免疫力が低下するので、過去の感染で体内にあった
ヘルペスウィルスなどが再活性化したとの説

位置情報原因もしもそのAストレス
発症患者のほとんどが「生活に強いストレスを感じていた」という研究結果がある
ストレス⇒血中のNK細胞(免疫担当)の活性低下⇒疲労が発症
(*NK細胞の数が低下することはCFSの患者に共通しているという)

パンチストレス説に反論もあり:
全てのCFS患者がストレスを感じていたわけではないし、
NK細胞の活性低下はストレスだけが原因ではない

【分類】

疲労の原因がはっきりしている「慢性疲労」とは
区別
して、一つの疾患として受け止める

T類:精神疾患を伴わない

U類:CFSの発症とほぼ同時に抑うつ状態が発症

V類:抑うつなどの精神病理の後にCFSが引き起こされ発症

*日本ではU・V類が多く精神疾患との関連も研究されている
・日本では CFSにかかる人の半数以上が抑うつ状態になってしまっている
・自律神経失調やうつ病などの発症後にCFSを発症するケースも多い

・CFSに伴う鬱症状は一般の鬱病とは別と考え、この鬱状態はCFSの症状の一つと捉える



【投薬治療と生活改善】

特効薬はないが投薬によって免疫力を高めていく(疲労感改善)を目指す
ビタミンC、ビタミンB12などとSSRI系(セロトニンの生成を促す)の抗うつ薬・精神安定剤
の併用が効果的との研究もあり

他に免疫力の向上としては、早朝の朝日を浴びる⇒セロトニン合成を活発化

軽度の運動(もちろん疲労の残存に注意しながら)
*激しい運動=意識が覚醒して不眠が悪化

禁煙(ビタミンの破壊を防ぐ)


ぴかぴか(新しい)当院においても、慢性的な疲労を主訴とされる方は多く、その方たちの中にも、詳しく生活習慣などのお話をうかがっても

「別に疲れるほどまじめに生きてないよむかっ(怒り)

「しっかり寝てるんだけど疲れが取れないんですバッド(下向き矢印)たらーっ(汗)

など、疲労蓄積の原因がご自身にもわからず、ハリで少しでも疲れやだるさが取れればそれでいい”
という患者さんも少なくありません。

「疲れ=たいしたことない、仕事してれば皆溜まるもの」など、
疾患の一つとして捉えられている患者さんは少ないということでしょうか。

寝たきりのCFSの患者さんほどでなくても、その予備軍、
特に身体的疲労の原因が特定できない患者さんは多いと思います。

過去の生活、ストレス・不安など精神状態までさかのぼって考えれば
取れない疲労の原因が思い当たることもあるのではないでしょうか?


1病院での糖尿病治療はせず、強い全身倦怠を”糖尿病のせいだ”と決め付けて
来院された会社経営者(仕事ストレス多く、怒りっぽい)

2突発性難聴と耳鳴りを主訴として来院された、「疲れが取れない、眠れない」居酒屋の女将さん
(1ヶ月前に人間関係に大きなストレス 直後に難聴を発症)

ひらめき当院では、東洋的な考え方に基づいた治療により、心身に生じた精気の虚を補うことにより、
心身ともに暖め緩め、仮に継続的な治療が必要になったとしても、原因から疲労・倦怠感を改善していくことを目指します。

ひらめきもちろん過去に生じたストレスやショックなども時系列的に、「疲労蓄積の原因」や「疲労が取れにくくなっている原因」として考察していきます。

るんるん僭越ですが、当院の美学としては「疲労を取る治療をしますよ」
などと宣言することなく、他の主訴の治療のようにみせかけ(?)、

治療後のお会計時に 「ついでに体も軽くなったでしょ?」
などの粋な台詞の一つも投げかけ、

「そうだね〜気持ちよくって眠くなっちゃたよ」

などのお言葉が返ってくるようであれば、
それをマル秘・疲労改善治療と捉えてもいいのではと考えますいい気分(温泉)
(もちろん、疲労(精気の虚)が強い方、専門知識が必要な方には
慢性疲労についてのご説明と生活改善のアドバイスをさせていただきます)

ご存知かも知れませんが、喫茶店コーヒーや栄養ドリンク剤などのカフェインに頼った、
強制的な交感神経(しゃきっとする緊張神経)優位の状態は
疲れを感じにくくなるだけで、実際の疲労が改善されるわけではありません時計

その間も全身(心)は休むことなくヘトヘトになって働いていますあせあせ(飛び散る汗)
栄養・休養は一番の治療です。くれぐれもおろそかにされませぬよう。

ひらめきそして生活習慣の改善だけでは疲労が取れにくくなってきた時、
実はその時が疾病予防・体調管理の治療のグッド・タイミングでもあります。

ひらめき「たかが疲れ」と我慢せず、ぜひ心身を癒してくれる東洋的治療を受けられて下さいわーい(嬉しい顔)
posted by はなのやま at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 神経内科疾患