2015年06月14日

吉凶悔吝〜吉へのベクトル〜

「マインドを変えていく為に」と友人は言った。
朝一時間早く起きて心に余裕を持つのだそうだ。
そのせいかどうか仕事は去年の低迷を抜けたらしい。


人はウマくいかない時ほど、焦りから、不安から、
やみくもに色々と新しい事に手を出したり
今までやってきたことを衝動的にやめてしまったり。
傍からみたら滑稽で不合理でも本人だけ気づかない罠。

新しい事に手を出して上手くいく勢いがあるならば
そもそも今やっていることは低迷してはいないだろう。


良い時も悪い時も、ありのままに受け入れて
自分の受け捉え方(マインド)を大きくしていく。
今チェンジすべきは「外」ではなく「自分の内」であるという事だろう。

またそういう境地に至るまでに
彼が内側でどれほどもがき苦しんだことだろうか。

MP900430858.JPG


進行するものすべてにベクトル(方向性)は存在する。
「吉」へのベクトル、「凶」へのベクトル。
行先を決めるのは「悔(かい)」と「吝(りん)」。


「悔」とは、悔い改める事。吉へ向かう瞬間。
「ダメかも知れないけど、でもせめてこれ位はやろう」
という諦めの境地からの開き直り。「せめて」の気持ち。
終戦後、焼野原からの日本はまさにこれであったと思われる。


「吝」とは、ケチる・渋る意味。今が良くても凶へ向かう瞬間。
「どうせ無駄、どうせ変わらない、どうせ負け・・・」
余裕からの油断、面倒からの逃避、思い上がり。

「どうせ」の心にはいづれ逆風が吹く。
「せめて」の心には必ず追い風が吹く。

hiyoko.jpg

そんな友人と夕べ飲んだワインは最高に美味いものだった。
自分なりに彼から学ぶ事が沢山あったのだ。   易者・橋本昌周

江戸川区小岩 千葉県内訪問出張
はなのやま鍼灸院(東洋的な考え方に基づいた心のケア)
http://hananoyama-hariq.com
posted by はなのやま at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋的な心のケア

2013年06月18日

太陽は何処に行った?

2年前治療していた女性から電話をもらった携帯電話


甲状腺癌で昨日入院し明日手術らしいのだが、
医師の態度が冷たくてそれを受け止めきれず涙の電話であった。


私に電話をくれたことは大変うれしかったのだが、電話の様子から
他に相談する人がいないのでは?と少し心配になった。


ひらめき陰陽五行の考え方でも、排他的になってしまう状況があり、
敵と味方を切り分けてしまう刃の時期がある。


自分以外は物や敵に見えてしまう時期もある。


敵を切り捨て味方に囲まれていると
今度はその味方の中で敵と味方が生じ始めるがく〜(落胆した顔)。 

結局、味方だけしかそばに置かないという考え方は孤独へと進む道であるたらーっ(汗)



ひらめき易64卦に「天火同人」という卦があるが、

分け隔てなくいろいろな人と和合する事の大切さを説いている。


自分一人の発想や視野には限界があり、他人の意見を聞き学ぶことで


自分の固さや小ささや狭さが鏡のように見えてくるものである。



ふらふらどんっ(衝撃)「誉めてもらえない、評価してもらえない、先行きがはっきりしない」

五行の火(太陽)が小さくなると、

火から生まれる土(心の器量や体力)が小さくなり、

もともと大したことがない木(神経の痛み・感覚、イライラやストレス)が大きく感じるちっ(怒った顔)

寝不足で疲れているといつもと同じ音が大きく聞こえるというのと似てるむかっ(怒り)


晴れ誉めてもらうこと

認めてもらうことるんるん

東電のように値上げなどせずとも無償の光(愛)を注いでくれる人黒ハート

ここで一生これを頑張って行けばよいという
やりがいや日々の生活の充実感・幸福感グッド(上向き矢印)


そんな火(太陽)がどんどん小さくなって、心の器量(気持ちの入れ物)が小さくなっていく。


「太陽は何処へ行った?」

恋人との別れ、夢の挫折、目標の消失。
家族の死や家や仕事を奪われたりたらーっ(汗)

時々うかがわせてもらう気仙沼の仮設住宅にも
震災でそんな太陽を急に奪われた人たちが沢山いた。


こんな時代、皆が不安やイライラの製造機を持っている。
顔は笑ってるけど皆いっぱいいっぱいなんだと思うよ、Kさん。

どうか負けないで、医者の冷たい態度なんかに負けないで。 

ここ二年治療こそしていなかったけれど、
私は君のすごいところいっぱい知ってるよ。


TVTVをつければ育児ノイローゼの母親による乳幼児虐待死。

「太陽はどこへ行った?」

「子供の頃書いたニコニコの顔があった太陽わーい(嬉しい顔)は何処へ行った?」

こんな世の中を少しでも明るくする鍼は打てないものか・・・

はなのやま鍼灸院 http://hananoyama-hariq.com
江戸川区北小岩 千葉県山武市 東洋的な考え方に基づいた心のカウンセリング
posted by はなのやま at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋的な心のケア