2017年12月05日

夜間の頻尿

せっかく熟睡されていても夜間におトイレに起きてしまう方は少なくありません。
一晩に3回4回以上ともなると、夜間頻尿による慢性的な寝不足も心配されます。

「尿意」とは、膀胱におしっこがいっぱい溜まって反応するセンサーとも言えます。
ですが、夜間頻尿の方のおしっこの量は少なく、色も透明、においも湯気もないことが多いようです。

膀胱は袋状の臓器です。心身の状態に順応して伸縮自在です。
袋が大きい状態であれば大量の尿を溜めることができますし、
逆に膀胱を収縮させてしまえば少量のおしっこでも尿意センサーを作動させることはできるのです。

8eaac0772663446a14f3d24c17fe7756_m.jpg

腎蔵(臓)は真夜中(陰中の陰)に活動を強める極陰の臓器です。
膀胱と腎臓は表裏一体ですので、腎臓が活発な真夜中は膀胱はおとなしく休んでいるのが普通です。

夜間に膀胱が活発に動く、ということは腎の力が衰えてきているとも言えます。
体力の消耗、冷え、老化などの要因で「腎(先天の生命力)の力」が低下してきているとも考えられます。

MP900439289[1].jpg

冷え、疲れ、お年をめした体はなぜ畜尿したくないのでしょう?
なぜ大量に溜まらないように頻繁におしっこに行くのでしょう?

おしっこは湯気が出て温かい液体のイメージがあると思いますが、
極陰の腎臓から作られた「原尿」も陰性が強く、体液の中では冷たい液体です。

それが体温を奪って湯気の出る温かさにまで加温されます。
ここで奪われる体温とは生命力そのものとも言えます。

冷え疲れた体はおしっこを溜めたくない。
生命力をこれ以上奪われるのを拒んでいるからです。
これが夜間に起きる頻尿の正体だと考えます。
(*自律神経失調など神経的な要因、または膀胱そのものの機能異常が原因の場合もあります。)

DSC03248[1].JPG

夜間の頻尿を改善するには、失われた先天的な生命力を補わねばなりません。

高齢者だけの症状ではなく、疲労の蓄積、精神的なダメージ、大きな病気・手術や出産の後には若年者でも見られます。

当院では「転校してきたばかりの小3の男児」にも夜間頻尿は見られました。ストレスや不安も大きな要因であるのでしょう。

治療では灸を用いて、原尿に奪われる熱を補って余るだけの熱を心身にじっくり沁みこませます。
徐々に夜間におしっこを溜められるような温かく休まった心身を目指していきます。

gf01a201409232000[1].jpg

夜間の頻尿は膀胱やおしっこの問題だけではなく、根本にはその方の生命力の低下が考えられます。

東洋的な考え方に基づいた治療では対症的な改善だけではなく、生命力を低下させた原因(疲労・生活習慣・慢性的なストレス・大きな病気や手術・ケガ・出産など)を探しアプローチしていきます。

まずは夜間に尿意で目覚める回数を減らすことから始められてはいかがでしょうか?

東京都江戸川区小岩 千葉 訪問出張 
鍼灸積聚(しゃくじゅ)治療 小児鍼 乳幼児治療 不妊症治療

はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com
0120-012-850
posted by はなのやま at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 頻尿 乏尿 尿閉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181763547
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック