2018年03月16日

ストレスと不妊症~不正出血と高プロラクチン血症〜

過去に職場でいじめられたストレスから不正出血が2年以上続く女性が来院されました。

ストレス疾患(心身症)であればドーパミン経由の内分泌異常から「高プロラクチン血症」の可能性もあります。機能性不妊症の原因の代表選手ともいえます。


これから妊娠出産の可能性がある年齢であれば、単なる性器不正出血にとどまらず、(老婆心ながら)念の為不妊症に絡めて掘り下げてみておいた方が良いように思い、基礎体温の記録をお願いしてみましたが・・・。

基礎体温が毎朝苦も無くキチンとつけられる人と継続できない人がいらっしゃいます。
「予防・早期発見」「念の為の」となればそれほど真剣さは無いのかも知れません。

fef1d8b97ca1b27326cbcc66bcbcb10f_m.jpg

不妊症の治療を始められた方のほとんどは、基礎体温を記録していただく事になると思います。
妊娠できる確率が最も高い時期を把握していただく為に。
確率が高い時期が存在しない場合もそのことに気づく為に。

また基礎体温のグラフは様々な婦人科の機能異常を暗示してくれます。
ただ「出来にくい」から原因を究明して乗り越えやすい作戦を立てる指標になるものです。

6b4fdbe2372ec201f64b3b09bab972dd_m.jpg

生理が来るたび(妊娠できていなかった)に、怒りから基礎体温表をビリビリに破り捨てる女性もいらっしゃいました。

「子供が欲しい。できない。」といった精神バランスは女性体内に強い気滞を生み出します。加えての年齢的なタイムリミット。それが新たな婦人科の機能異常を引き起こすという悪循環に苦しめられている不妊症の女性も少なくはないでしょう。

常々、女性の婦人科器官は心理状態や生活環境とダイレクトにリンクしているように痛感させられます。
だから(機能性の)不妊症には全身(心)にアプローチする東洋的な考え方に基づいた治療が有効なのだ、とも思うのです。

また、「心身のバランスの乱れ=不妊症の始まり」の早期発見も、ストレスフルな現代においてはそんなニーズはどんどん高まってきているように感じます。
不妊症もできるだけ早期に予兆を見つけ、早目にケアを開始する時代になってきたもではないでしょうか。
そんな「未病にアプローチ」できるのも東洋医学ならではの特徴だと思います。

年齢的なタイムリミットに苦しめられる前の、できるだけ若い年代から、東洋的な考え方に基づいた治療による「(念の為の)婦人科バランス・ケア」を始められることお勧めします。

江戸川区小岩 千葉・訪問出張鍼灸 積聚(しゃくじゅ)治療 乳幼児・小児鍼治療 不妊症治療
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com
0120-012-850
予約制 不定休(日祝もやっています)
posted by はなのやま at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊・不育症治療