2018年01月25日

乳腺炎と授乳

乳腺炎は激痛といわれます。

赤ちゃんが哺乳瓶のミルクを飲まない子だと
お母さんはやむを得ずその激痛に耐えながら授乳をすることに。

もちろん痛み止め・抗炎症剤の類はNGでしょう。
子を持つ母は強しですが、授乳が苦痛ではあんまりです。

そんな依頼を受けての訪問治療。
お家に伺えば、上の子もまだ小さくて、
家事・育児全てを一人でこなすまだ若い母親が待っておられました。

MP900202038.JPG

このような場合、慢性的な疲労やストレス・先天的な体質の要因も考えられますので
東洋的な考え方に基づいた全身(心)治療で虚実のバランスを調整します。

東洋医学では乳腺炎を起こす要因は強い気の滞りであるとされます。
炎症を対象に乳房に鍼をするのではなく、母親の気の滞りや上逆の改善を治療の対象とします。

今回は母親の気の滞りや上逆が強いようでしたので、胸骨や肩甲骨にあるツボも補助的に使いました。
全身(心)の滞りを動かし上逆を鎮める効果を高めます。

6b4fdbe2372ec201f64b3b09bab972dd_m.jpg

母乳とは母親の血液を濾して作られる尊いものです。
本来、授乳時には乳首経由で穏やかな気持ちになるオキシトシンというホルモンが分泌されます。
このホルモンは子宮収縮の働きもありますので、産後の子宮のケアにも重要なものです。

母親が苦痛やストレスに耐えながらの授乳は「おっぱいの味が苦いんじゃないかい?」と赤ちゃんに聞きたくなります(笑)。

江戸川区 千葉県訪問出張 鍼灸積聚(しゃくじゅ)治療 乳幼児・小児鍼治療 不妊症治療
はなのやま鍼灸院  予約制 不定休(日・祝も診療可)
http://hananoyama-hariq.com
ご相談・受付:(フリーダイヤル)0120-012-850 
posted by はなのやま at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児ママの症状とケア