2017年07月27日

生活習慣からの不妊症


婦人科の部分に何も問題はないが、なぜか妊娠しにくいという37歳女性。

「ラストチャンスです」と妊活・不妊症治療を開始されました。

伺えば、毎日の多飲酒とガイドブックに載っているような激辛の料理を食べ歩くのが習慣だと言います。

生活習慣からの脾気虚。からの妊娠しにくい状態が考えられます。


MP900386362[1] - コピー[1].jpg


辛いものは体を温めますが、度を超えた激辛は交感神経緊張により逆に辛さの後に「寒気」が訪れることもあります。

酒も体を温めますが、深酒は残ったアルコールの熱が湿っ気として体にとどまり「陽気」が体中を巡るのを邪魔してしまうものです。

母体(婦人科部位)を滋養する営気が飲食不節制・消化吸収障害により滞ってしまうタイプと考えられます。

この場合、督脈を通し膈(横隔膜)を開く治療により
体で産生された栄養やエネルギーが全身に(心)にうまく分配され、
婦人科の部位を滋養し活力を回復させるような改善を目指していきます。


j0321053.jpg


「妊娠したらお酒も激辛もやめなくちゃいけないんで・・・」と仰られていましたが、そうではないと思います。

お腹の赤ちゃんが嫌がる行為は、
これからやってくる赤ちゃんだってすでに嫌がっているのではないでしょうか。

「妊娠」そのものはスタートでもゴールでもありません。

どんなに努力しても赤ちゃんを諦めなければならない方もいらっしゃいます。

「治療だと思って深酒と激辛は妊娠前から控えてください。」とご説明して施術を終えた次第です。

江戸川区小岩 千葉訪問出張 鍼灸治療 小児鍼 不妊症治療
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com
posted by はなのやま at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊・不育症治療