2016年02月15日

ウィルス性胃腸炎(ロタ、ノロウィルス)の後で

ロタウィルスやノロウィルスなどのウィルス性胃腸炎にかかった小児は
脱水症状を起こす恐れが生じるほど強烈な下痢を繰り返します。

全てを出し尽くす強い下痢の後、小児は3日近く便を出すことができません。これは新しい便が溜まるまで大人よりもずっと時間がかかるからです。

決して便秘ではありませんし、下痢と便秘を繰り返す子供の病気は・・・などと心配される必要もまずありません。発熱もなく食欲もあればじきに回復すると思われます。完全に胃腸が回復するまではオナラもかなり臭いのが普通です。

MP900202038.JPG

寒い中無駄に通院に連れまわされると胃腸炎が回復しかけた子供の体力が著しく奪われます。そこまでしても病院で処方されるのは整腸剤の類だそうです。

それに何より混んでいる待合室は他の病原菌の温床になっている可能性も否定できません。そんな時は逆に違う病気にかかりやすくなるかも知れません。

毎年この時期はそんな小児とママが現れます。少しでも参考にしていただけたらと思います。

江戸川区小岩 千葉県 訪問出張
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com/children
posted by はなのやま at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳幼児・小児治療