2015年07月18日

長引く性器(子宮)不正出血~機能性出血性メトロパチー~

午後からは子宮(性器)不正出血の方の初診です。

「鍼灸院で不正出血の治療を受けてみよう」という方は
よっぽど東洋医学がお好きか、病院嫌いか、
婦人科で精密検査をしても異常が見つからない方ではないでしょうか。

この場合は卵巣・卵管などに器質的な問題が無い事を確認してから
機能性出血性メトロパチーの可能性も考慮に入れ
女性ホルモン分泌異常に関わる間接的な質問をお聞きしていきます。

特に女性の場合は、ホルモン分泌異常の原因は
環境的な要因・精神的な要因まで多岐にわたります。
若いママさんの場合は産後の育児ストレスが原因になる事も多いと思われます。

MP900430467[1][1].jpg

「不正出血のツボ」というモノは存在しないと考えています。
お一人お一人発症の引き金は異なります。
心と体は一体である、という東洋的な考え方に基づいた治療では
より根本的な原因に近づき改善することを目指していきます。

「子宮のツボ」「女性ホルモンのツボ」という改善策では限界があるように思います。
症状が長引く場合、局所の治療では改善が見込めない場合、
全身(心)のアプローチ~から症状を改善させていく東洋的な考え方の治療も
ぜひ改善策の一つに加えられては如何でしょうか?

江戸川区小岩 千葉県内訪問出張
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com
posted by はなのやま at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性の症状

2015年07月16日

夏風邪・手足口病の予防~東洋的な小児免疫力の改善のすすめ~

さて本日は2時間早く、午前8時より診療開始いたします。
江戸川区の天気予報は雨ですが、涼しくて気持ちの良い木曜日の朝です。

先日投稿させていただきました「梅雨時の養生灸」についてのお問い合わせ・ご予約を多数いただきまして誠にありがとうございます。

MP900431278.JPG

これから手足口病やウィルス性の風邪など、小児特有の疾患が増える季節であります。ウィルスは大気中に何百万と存在します。同じウィルスを吸い込んで発症する子としない子の違いは何でしょうか?

この夏も当院は東洋的な考え方に基づいた小児治療で、乳幼児・小児の免疫力向上の為の施術を積極的に行ってまいります。またそれに準じた生活や育児のアドバイスなどもさせていただきます。

江戸川区の子供、日本の子供、世界の子供。共通なのは治療よりもまず予防です。

江戸川区北小岩 千葉県山武市
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com
posted by はなのやま at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳幼児・小児治療

2015年07月13日

夜尿症とおねしょ〜頭痛・歯ぎしり・疳の虫〜

夜尿症とは「5歳以上の子」が「ほぼ毎日おねしょをする」ことと定義されます。

5歳以下の小児がするおねしょは成長過程での機能失調であり、成長とともに改善される事が多く、夜尿症とは異なります。
忙しい朝、お母さんのお洗濯が大変になっても、決してお子さんを叱ったりしてはなりません。
おねしょ=いけないこと、という「すり込み」をお子さんに与えては逆効果になりかねません。寝る事自体が恐怖になってしまい安眠を妨げてしまいます。

東洋的な考え方に基づいた小児治療は「夜尿症」の改善に効果が高いとされています。
毎年、小学校に上がってもほぼ毎日おねしょをする1年生が
母親に手を引かれ、おっかなびっくり小児治療を受けにいらっしゃいます。

当院が初診時に伺うのは
□遺伝的な要因。
親や祖父母が夜尿症だったかどうかの家族歴。

□発育発達の遅滞。
おねしょ以外の膀胱機能の成熟の遅れ。尿漏れや蓄尿(おしっこを溜められる量)について。
日中も頻尿であるか、尿意がどれくらい我慢できるか。

□精神的なストレス。
下の兄弟が出来てからおねしょが始まった、引っ越ししてからおねしょが始まった、など。


夜尿症は、一般的には女子より男子の方が3倍くらい多いとされます。

また「以前はおねしょしていなかった」「一度おねしょが治ったが再び始まった」という場合も多く、こちらは単に寝る前の水分摂取や膀胱の機能失調の問題だけではないと考えられます。

頭痛持ちの子、疳の虫が強い子、歯ぎしりの強い子(強かった子)、家庭内(母親や兄弟)に対して内弁慶の子、肩こりの子(肩がこったではなく「肩が痛い」と表現する)なども夜尿症であった事が多いように思います。

もちろん膀胱に(成長過程での)機能失調のある子もいらっしゃいます。それでも小児の夜尿症は「膀胱機能」のみをクローズアップして見てしまうと改善しにくいように思います。治る子供と治らない子供が極端に分かれてしまうと考えております。

「夜尿症」という症状に対してのみでなく、その子取り巻く環境や経緯、過去の不安やストレスなどを時系列に考えていくと原因が見えてくることも少なくありません。下の子が生まれてから上歯がすり減ってほとんど無くなるほど歯ぎしりをしていた夜尿症の子もおりました。

東洋的な治療とは、全身(心)の調整から症状を改善することと言えます。
「まだ子供だから」、ではなく子供ほど様々な事象の影響が症状となって現れやすいものです。

”おねしょ”の改善を目安に、その子の内に隠れた不安やストレス、精神的な不安定からくる疳の虫や不定愁訴をも治療対象とする、東洋的な考え方の小児治療も改善法の一つとされてみてはいかがでしょうか?

江戸川区小岩 千葉県内訪問出張
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com/children
posted by はなのやま at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳幼児・小児治療