2015年06月25日

未病治「患者になる前に」〜疲労・冷え・ストレスのサイン〜

「霜(しも)を踏みて堅氷(けんぴょう)に至る」

あらゆる事態には、必ず微妙な兆しがあるものです。
兆しから事態の成り行きを見てとります。

良くないものであれば、早めに対処すればラクチン。
見逃したり、対処をケチると次第に悪化します。

うっすら首に痛みが出て、手の爪が伸びるのが異常に早い。
そういえば肩や手首や指の関節にも時々痛みが・・・。
髪の毛に触れただけで頭皮がピリピリ痛い。などなど。

これは疲労や冷えやストレスで、
体の中の「熱い所」と「冷えてる所」が分かれはじめたサイン。
お身体が病気や症状をブロックできない状態に近づいたとも言えます。

DSC03308[1].JPG

そろそろ早めの対処策が必要なのかも知れませんね。

休養・栄養・生活習慣の改善・ストレス発散etc。 
場合によっては
東洋的な考え方に基づいた「お風呂をかき混ぜるような」治療も。

「患者になる前に」
東洋医学ではこんな考え方を「未病治」といいます。

江戸川区北小岩 千葉県内訪問出張治療
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com
posted by はなのやま at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学

2015年06月22日

母さんの免疫・乳児の免疫〜乳幼児のアレルギー・アトピー性皮膚炎〜

不妊症(妊娠準備)治療を行って昨年末に3人の女性が「母」になられました。
全員30代後半の高齢者出産でありましたが、わざわざご報告をいただき嬉しい気持ちになりました。

その時「六月頃、赤ちゃんを治療するかも」とふと思いました。
予感は当たり、今月乳児が症状をもって来院されました。
臍帯を通して母親から受け継いだ免疫は概ね半年で効果を失くす、というコトらしいですけど。
そのせいかどうかはわかりません。

どちらにしても、これから2歳半までが自己の自然免疫・獲得免疫を身に着ける大事な修業期間です。

赤ちゃんは全員アレルギーを起こしやすい(アトピー性皮膚炎を起こしやすい)免疫システムで生まれてきます。

これは胎内にいる時「Th1という大人のリンパ球」が優位であると母親との間に異物反応が生じて流産してしまうからです。

その為胎内では「Th12リンパ球」というアレルギー反応により自分を守るシステムが優位な状態になっていて、出生後もしばらくはその状態が続きます。外界の雑菌やストレスにさらされることで少しずつ大人の免疫システムに移り変わっていくのです。

軍隊でいうと「海兵隊」のみの攻撃力だったものが、雑菌やストレスにさらされることで「海軍」並みの高度な作戦が遂行できる免疫力に移行していく、といった感じでしょうか。

MP900202038.JPG

乳児のアレルギーやアトピー性皮膚炎は成長とともに自然治癒しやすい症状の一つです。ただし、母親が過敏になって必要以上に清潔にし過ぎたりストレス(暑さ寒さ、空腹感など)を感じさせないような環境を整えてしまうと免疫システムの移り変わりに時間がかかってしまいます。

*ちなみに1歳未満の子に花粉症というものは存在しません。生まれた年に花粉に感作してもアレルギー反応が出るのは「抗体」ができてから翌年の花粉の時期になるからです。

生まれてから免疫力が身に着くまでの期間は特に、免疫の過剰や不足をコントロールする自律神経の働きをアクティブにする小児はりも有効だと当院は考えています。

江戸川区小岩 千葉県内訪問出張
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com/children/
posted by はなのやま at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳幼児・小児治療

2015年06月19日

乳幼児・小児の夏風邪〜発熱へのアプローチ〜

小学校でもプールの授業が始まる時期になりました。
託児所や保育園でもビニールプールで水遊びさせる所もあるようです。

この時期はやはり子供の風邪症状の治療が増えます。発熱と鼻水の症状が多いです。

プールで遊びに夢中になると気づかない内に体力の限界に。
子供は熱の塊ですが、過ぎれば冷え冷えの状態に。
こんな時、腸の免疫力低下をはじめ体表の保護プロテクターも機能しなくなり
一気に風邪の菌・ウィルスにやられてしまう状態になります。

ご存知の方も多いと思われますが、
「発熱」とは菌やウィルスと戦うために体が起こしている反応。
風邪そのものが悪さして起こしている症状ではありません。
よって解熱剤や抗生物質を早くに服用してしまうと
いつまでも免疫と邪(菌やウィルス)との戦いに決着がつきません。
だらだらと長引く症状(微熱や鼻水)が起こりやすい体になります。


CIMG3710.JPG


逆に「極まれば変ず」というのが東洋的な考え方です。
夏が極まれば次第に冬へと向かいます。一日も正午を過ぎれば次第に夜に向かいます。
発熱もピークを過ぎれば次第に下がります。

ちなみに、
子供は熱の塊であり、様々な環境の変化に発熱で対応しようとします。
大人に比べて発熱しやすく、熱も高いのが正常です。
41度を超えると大人も子供も関係なく危険な状態ですが、
乳幼児は40度位まではちょくちょくに出ます。変動も早く下がるのも早いです。


一時的に高熱が出て免疫が十分戦ったピーク後に熱が下がるのが自然です。
体力がある子ほど高熱が出てすぐに治りやすい傾向にあります。

逆に熱が出にくい子の方が体が冷えて体力がなく長引くように思われます。
お子さんによっては先天的な要因、体力的や生活環境の問題もあり
中々熱がピークに極まることができない子もいるのです。
時計の針は11時59分を指したままの子。正午まであと一分。

こんな時、背中にあるツボに小さなお灸をすえて熱を加えてあげます。
お灸と言っても一瞬チクッとした刺激があるだけで気持ち良い施術です。
体力の弱った子もお灸の熱を借りて時計の針が一分進みます。
正午になれば逆方向(解熱)へ変化していきます。

isaribi (2).jpg

手足口病、咽頭熱、結膜炎など夏に子供がかかる病気はたくさんありますが、ほとんどの場合、邪(菌やウィルス)は大気中に常在しているもので珍しいものではありません。

発症は子供の免疫力低下が原因であるとも言えるでしょう。

昼夜通してのエアコン、汗かいたたまま着替えせず、お昼寝の寝冷え、アイスやジュースなど冷飲食によるお腹の冷え(免疫力の低下)、食欲不振による栄養の偏り。生活習慣の改善から病気を防げればそれにこしたことはありません。それでも熱が出きらず症状が長引いたりといった場合には東洋的な考え方のはりきゅう治療も有効だと思われます。「極まれば変ず」です。

江戸川区北小岩 千葉県内訪問出張治療
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com/children/
posted by はなのやま at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳幼児・小児治療