2015年05月25日

言葉の遅れ〜単語のみのコミュニケーション〜

何でも上達する為には時間がかかるものですね。
仕事のスキルも釣りもウクレレも
諦めず飽きずに繰り返す事で少しずつ身について腕が上がる?ような(笑)。

ある日何かのきっかけでトントンと何かが繋がり、急にスラスラ出来るようになっちゃうことを経験された方もいらっしゃると思います。

ひとつ言えるのは、明日身に着くであろう能力をあてにして
今日を乗り切ることはできないということ。
今は今の力を出し切って生きていくしかないということ。

MP900430858.JPG


「うちの子まだ単語しかしゃべれないんですけど・・・」
2歳になったら二語文(二つ以上の単語をつなげて意味のある文にする)がしゃべれないと他の子より発育が遅れているのでは?と不安になる母親。
もしかしたら子供が単語を発した時点で母親が先回りして理解して何でもやってあげてしまうせいかも知れません。

乳幼児が習わなくても母国語を修得していくのは、英検を受けるために英語を学ぶのとは全く異なります。ただの音だった大人の言葉がやがて意味のある表現方法として経験から修得されていくのです。生きていくのに必要だからです。

その子の「マンマ」には、「空腹である」という訴えも、「美味しい食事」の意味も、優しいママがスプーンで口にご飯を運んでくれる楽しい食卓のシーンも含まれているのかも知れません。氷山の見えない部分はどれだけ大きいのか、子供の感性や能力は簡単に計ることはできないと思います。

側音構語(息が漏れたり、アゴがずれたり、舌が硬直したりしてきちんと音声として発音できない)など発声発音そのものに障害がみられない限り、他の子と比べて成長のスピードに焦る必要はないと思います。ある日突然スラスラと、もあり得ると思います。

ただ、今子供が何を求めているか、という事にママの察しが良すぎると子供は多くを説明する必要が無くなり、表情や単語でコミュニケーションを完成させてしまうようになってしまいます。コミュニケーション能力を豊かにする為に少し理解の鈍いお母さんを演じてみてもいいかも知れません。

江戸川区小岩 千葉県内訪問鍼灸(はりきゅう)
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com/children/
posted by はなのやま at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳幼児・小児治療

2015年05月19日

梅雨時の体調不良~水分代謝と不定愁訴~

湿度が増してきましたね。エアコンのドライをつける日も出てきているかなぁと思います。

人間には水の流れが欠かせません。古いお水が体内に滞っていますと生体のバランスが乱れ機能失調が起こりやすくなります。その為古くなった水分を捨て新しい水分を吸収する働きが盛んに行われています。

古くなったお水を捨てる機能と言えば、おしっこや汗を思いつかれるでしょう。実はそれともう一つ、体表から蒸発する水蒸気もあるのです。

乾燥した大陸気候の国ではオールシーズン体表からの水分蒸発が盛んです。不足せぬよう飲茶やティーテイムなど水分を補給する習慣があるのも理にかなっています。

MP900430858.JPG

ですが四季のある日本ではこれから湿度との戦いの季節です。大気中の水分が飽和状態ですので体表からの水分の蒸発は極端に減少します。

このような時期は軽い運動やサウナなどの「汗をかく習慣」をつけたり、辛いものを積極的にとって肺を滋養し皮膚呼吸(毛穴の開閉)を応援してあげると良いと思います。

体は健康な状態を保つ為、常時新鮮な水分を必要としています。くれぐれも代謝量の低下に合わせて水分摂取量を控えてはいけません。古くなったお水を上手に捨てる工夫、それで防げる梅雨時の体調不良も少なくはないと考えます。当院では東洋的な考え方に基づき、気血水の調整からお体のバランスを調整していきます。治療中に汗をかき始める方も多いのです。梅雨時の不定愁訴に悩まれている方、ぜひ一度お体の水分代謝の調整を行ってみてはいかがでしょうか?

江戸川区小岩 千葉県山武市
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com
posted by はなのやま at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 不定愁訴

2015年05月12日

未病と気血水バランス~疾病予防から美容・アンチエイジングまで~

東洋医学の健康観に「気・血・水」のバランスというものがあります。
簡単に申しますと、

気とは目に見えない気の流れのこと。元気、やる気をはじめとして内臓や体内の働きを活発に動かすエネルギーのことです。血とは血液・血液循環・内臓など体内の目に見えるものとその働きを指します。水とは体内の水分・汗・尿・涙・胃液などの分泌液の総称です。

この三要素が正三角形のように均等にバランスが取れているとき
人間は心身ともに健康な状態であるのだというのが伝統医学の考え方です。

MP900386362[1] - コピー[1].jpg


「病気ではないけれど気になる症状がある。」
これを未病といい、お体の機能異常が現れて来た状態です。
この状態の時、体内の気血水のバランスは乱れています。

気血水のバランスの乱れかたによって現れる症状は異なります。
ストレスを溜めやすくなったり、消化が滞ったり、体内に水分が停留して冷えやむくみを生み出したり。
そのバランスを正しく取り戻すのが東洋的な考え方に基づいた治療や生活習慣の改善です。

東洋医学は未病の状態にアプローチし早期に疾病を予防できる優れた医学でもあります。

当院ではオールシーズンを通して気血水のバランスを調整する治療を行っております。
また気血水に合わせた生活習慣の改善のアドバイスも必要だと考えます。
自然で無理のない健康の土台作りですので、内面からの女性の美・ダイエット・アンチエイジングにも大変効果的です。気血水メンテナンス、是非一度お試しくださいませ。

gf01a201409232000[1].jpg

江戸川区小岩 千葉県山武市
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com
0120-012-850
posted by はなのやま at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学