2017年02月18日

食思食欲不振・偏食の子

食欲に偏りがあったり、好き嫌いが激しかったり、(特に朝は)ほとんど食欲がなかったり。
何でも美味しくおなか一杯食べられる人から見たら、気まぐれでわがままな子のように見えることでしょう。

□□

食べたものを消化するにも体力が必要です。人間の意識では「噛んで呑込むまで」=「食べる」ですが、本当の食べる(栄養の吸収)はその後の消化器の働きによるものです。

体力がない時のこってりした栄養価の高い事食は、まるで食べ物が素通りするかのように(体が消化吸収を拒んで)、体力を奪うだけで便として出されてしまいます。断食修行を終えたばかり方にはいきなりステーキを食べさせないのです。

栄養の吸収とは「食物の栄養価」だけで決まるものではなく、あくまでもその時のその子の消化機能とのキャッチボールによって決まると言えます。

MP900431278.JPG

食べない子というのはただのわがままなのではありません。
本能的に、自分の消化能力以上に食べないことで体力を守ろうとしているようにも思えます。
「好き嫌い」も同様で、嫌いな食べ物とはその子の体調に負担になる要素が多いのではないかとも考えられます。

生まれつき特定の栄養素の消化が苦手な場合もあります。たとえば牛乳を飲むと必ず下痢をするなど。小麦を食べるとおなかにガスがたまりやすいなど。

乳幼児は毎日毎日、ゆっくりと消化吸収の練習をしています。ある程度成長するまで消化吸収力の成長にバラつきがあっても当たり前です。

また成長して消化吸収力がついてくれば今まで負担になって食べられなかったものでも普通に食べられるようになることも多いものです。

見守るべき(改善していくべき)は、食べた量や品目だけではなく、その子の消化力(胃力)や食べ物に負けないだけの体力にあると考えます。

11131742_1397315520587954_961327275_n[1].jpg

いろんな子がいて十人十色の体質があります。

誉めてあげるべきは、無理してまでたくさん食べることではないのではないでしょうか。
今教えてあげるべきは、自分に合ったように残さず食べることなのではないかと思うのです。

「好き嫌いをなくすツボはありますか?」とよく尋ねられます。そのようなツボは無いように思います。
「治療を受けた日は良く食べます」とご報告をいただく事も多いです。

色々な食べ物を吸収できる体力を促進していく目的で、東洋的な考え方に基づいた小児治療で「全身(心)からのアプローチ」をお勧めさせていただく次第であります。

江戸川区小岩 千葉県訪問出張
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com/children
posted by はなのやま at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳幼児・小児治療

2017年02月06日

小児の視力と眼心身症

赤ちゃんは全員「老眼(遠視)」で生まれてきます。ピントを合わせる筋肉や機能がまだ未発達だからです。目の前の物はぼやけてしまいハッキリと見えてはいません。老化でピントを合わせる機能が衰える「老眼」と同じ状態がしばらく続きます。

「遠視」に近い状態から成長とともにピントの機能が備わってきます。中にはゆっくりとピント機能を身に着ける子もいます。幼児・小学校低学年くらいで遠視と診断されても成長とともにひとりでに治ってしまう子も多いのです。

常々、眼(目)の本質とはいかなるものかを考えます。カメラの修理のみを追うような解剖生理学・病態生理学では測れない眼(目)の本質とは何か?

DSC03308[1].JPG

眼とは飛び込んでくる光を吸収する器官です。光を「極陽(プラス)」と考えれば目は「極陰(マイナス)」とも考えられます。

また顔面部を走行する陽経の経絡も目の周辺に集まっています。まるでブラックホールに吸い寄せられる光の様に、走行の軌道を屈折させてまで眼の周辺に集まっています。眼とは光が吸い寄せられる、かなり陰性の強い器官と言えるのではないでしょうか。

人体で陰性の働きをする機能としては、腎(老陽)、肝(少陽)であります。
腎の乱れは「疲労・老化・立ち仕事・冷え・不安・焦り・驚き(ショックな出来事)」などからおこるとされています。
肝の乱れは「歩きすぎ・動きすぎ・アルコールの多飲・薬剤の常用・怒り・ストレス」などからおこるとされています。

niti2.jpg

「眼心身症」という症状があります。ベトナムや中東で戦ってきた(惨状を目の当たりにしてきた)兵士が帰国後発症する急激な視力の低下です。眼の機能には何ら異常は見つからないのでそうです。原因不明の「目に写ったものを脳が映像として上手に処理することができない」状態です。

まるで目からの情報をストレス源ととらえ入力をシャットアウトしているようにも思えます。惨状を見てしまった、日常ではありえない地獄絵図を経験してしまった事による「PTSD(外傷後ストレス障害)」の一種ととらえても良いような気さえしてきます。

また米国の研究・統計によると「眼心身症」を発症するもう一つの要因には「親の過干渉」があるそうです。

hojyo2.jpg

いずれにしても、人間の眼(目)とは単なるカメラの役割だけではなさそうです。腎と肝、強い陰虚(陰の力が弱る)ことで「光を吸い込むブラックホールの力が弱まっている」と私は考えます。

マッサージやリラクゼーションなどを受けた直後に目がスッキリパッチリされた経験のある方もいらっしゃると思います。陰性(腎・肝)を補う東洋的な治療で、(一時的にでも)近視が改善する場合が多々あります。子供ほど顕著です。

視力の問題に関しては「カメラの修理」だけではない、他からの要因の改善も治療の対象だと考えています。全身(心)のバランスを整えていく東洋的な考え方に基づいた治療もぜひ取り入れてみられてはいかがでしょうか?

江戸川区小岩 千葉訪問出張
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com
posted by はなのやま at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 神経内科疾患

癲癇(てんかん)とステロイド

はるばるI県から母親に手を引かれ小3の男の子が治療を受けにいらっしゃいました。

いつまでも治らない腰痛と内足首の捻挫様の痛みに苦しみ、患部にはこれでもか〜というにくらい冷湿布が貼られていました。
パッと見はジャイアンタイプ。年齢に比べてがっしりぷっくりした体格で体力もありそう。ですがちょっと何か違和感を感じました。

gf01a201409232000[1].jpg

顔がまんまる(満月様顔貌)、肩がパンパンに張っていて(バッファロー肩)、背中から腕にかけての体毛も濃くなっていました。ここまでで副腎皮質ホルモンの異常やクッシング症候群の可能性があります。

予診で伺うと、癲癇(てんかん)の発作治療の為、1年前よりステロイドを服用しているとのこと。
なるほど。ステロイドとは副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド)そのものですので、過剰投与によりクッシング症候群様の副作用が出ているわけです。血糖値のアップダウンで一時的に攻撃的な性格にもなります。

CIMG3710.JPG

腰と足首の痛部位を拝見すると、やはり経絡的には副腎の疲労を疑える流れにあります。副腎からのSOS信号の痛みの可能性が高まります。子供は体の異常を捻挫のような足首の痛みに置き換えて教えてくれることが多々あります。

水(腎・副腎)を補う少し特殊な温灸を行い、腰と足首の痛みは徐々に消失しました。ですがステロイド治療を続ける限り再発の可能性は高まります。腰痛や足首の痛みが問題ではなく、この子の副腎が悲鳴をあげつづけている可能性があることが何より心配です。

safinia.jpg

「癲癇の発作におびえる毎日よりもステロイドがあった方が良い」と母親は言いました。数年におよぶ母親の疲弊も計り知れません。

ステロイドの副作用との戦いはまだずっと続くでしょう。副作用以上のメリットがあるからです。

ステロイドの良し悪しだけを理論的に並べて「使用するか」「止めるか」を論じてみても意味はありません。患児のいる家庭内では、親は精神的にも追い込まれかなり疲弊しているのが実情です。長期にわたり使い続ける必要性があるならば、副作用に対してのケアも同時に行われることはとても大切です。

I県からでは定期的な通院が大変なので、家での温灸を母親に伝授して治療を終えた次第です。

江戸川区小岩 千葉訪問出張治療
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com/children
posted by はなのやま at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳幼児・小児治療