2018年01月12日

記憶の苦しみ〜リウマチ様症状 自己免疫疾患 心身症〜

長期にわたり虐げられ続けてきた人は、自分を虐げてきた人間が亡くなっても、虐げられた環境が消え失せても苦しみ続けることが多いように思います。

当時の記憶の片鱗でもある限り、タイムマシンに乗ったかのように当時にフィードバックしてしまうのかも知れません。虐げられた記憶により苦しめられている方もいらっしゃるでしょう。

gf01a201409232000[1].jpg

その万年雪のような、声にできない苦しみを、声に代わり訴えてくれているかのような様々な機能異常や痛み。多くは膠原病やリウマチ様症状、自己免疫疾患、様々な心身症に現れることも多いように日々の臨床では感じます。

「何十年も苦しんできた自分の辛さを知って」
「私の苦しみがちょっとやそっとで治ってたまるものか」

治りたい表在意識とは真逆の深層心理が患者にはあるのだと学びました。重症や難治だと告げられるほど満たされる「気づいて」の深層心理。

11131742_1397315520587954_961327275_n[1].jpg

「済んだことは水に流して忘れて、自分が変わるしかないですよね」 まるで自分に言い聞かせるようにおっしゃる昨日の女性患者さん。

頭ではわかっていても、本当は水に流せるわけがない。過去形にできるわけない。実際に理不尽に服従させられ苦しめられ、みじめな思いもさせられたのだから。

DSC03248[1].JPG

理不尽に味わった苦しみも、記憶の中の苦しみも
地獄の番犬のようにいつまでもどこまでも追いかけてくるでしょう。

患部に小手先で打つような鍼など、その方にとってなんの意味があるでしょう?
その人を知り、万年雪を少しずつでも溶かしていくような治療が必要になります。

東洋的な考え方に基づいた治療とは、心身一如の考え方がベースになっています。
「あらゆる症状・機能異常・未病も七情(人間の持つ感情)の乱れから起こりうる」と考えます。

心身を温め緩める全身(心)の治療では、少しずつでも心にスペースが生まれるように思います。

苦しんだ記憶そのものを治療で消すことはできないでしょう。
それでも追いかけてくる記憶に振り回され、心身ともにいっぱいいっぱいになり「現在をロスしてしまう事」を減らすお手伝いはできる可能性はあると信じます。

江戸川区小岩 千葉県訪問出張(日月火) 
鍼灸積聚(しゃくじゅ)治療 乳幼児小児鍼治療 不妊症治療
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com
0120-012-850
posted by はなのやま at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 内分泌・自己免疫疾患

2017年12月05日

夜間の頻尿

せっかく熟睡されていても夜間におトイレに起きてしまう方は少なくありません。
一晩に3回4回以上ともなると、夜間頻尿による慢性的な寝不足も心配されます。

「尿意」とは、膀胱におしっこがいっぱい溜まって反応するセンサーとも言えます。
ですが、夜間頻尿の方のおしっこの量は少なく、色も透明、においも湯気もないことが多いようです。

膀胱は袋状の臓器です。心身の状態に順応して伸縮自在です。
袋が大きい状態であれば大量の尿を溜めることができますし、
逆に膀胱を収縮させてしまえば少量のおしっこでも尿意センサーを作動させることはできるのです。

8eaac0772663446a14f3d24c17fe7756_m.jpg

腎蔵(臓)は真夜中(陰中の陰)に活動を強める極陰の臓器です。
膀胱と腎臓は表裏一体ですので、腎臓が活発な真夜中は膀胱はおとなしく休んでいるのが普通です。

夜間に膀胱が活発に動く、ということは腎の力が衰えてきているとも言えます。
体力の消耗、冷え、老化などの要因で「腎(先天の生命力)の力」が低下してきているとも考えられます。

MP900439289[1].jpg

冷え、疲れ、お年をめした体はなぜ畜尿したくないのでしょう?
なぜ大量に溜まらないように頻繁におしっこに行くのでしょう?

おしっこは湯気が出て温かい液体のイメージがあると思いますが、
極陰の腎臓から作られた「原尿」も陰性が強く、体液の中では冷たい液体です。

それが体温を奪って湯気の出る温かさにまで加温されます。
ここで奪われる体温とは生命力そのものとも言えます。

冷え疲れた体はおしっこを溜めたくない。
生命力をこれ以上奪われるのを拒んでいるからです。
これが夜間に起きる頻尿の正体だと考えます。
(*自律神経失調など神経的な要因、または膀胱そのものの機能異常が原因の場合もあります。)

DSC03248[1].JPG

夜間の頻尿を改善するには、失われた先天的な生命力を補わねばなりません。

高齢者だけの症状ではなく、疲労の蓄積、精神的なダメージ、大きな病気・手術や出産の後には若年者でも見られます。

当院では「転校してきたばかりの小3の男児」にも夜間頻尿は見られました。ストレスや不安も大きな要因であるのでしょう。

治療では灸を用いて、原尿に奪われる熱を補って余るだけの熱を心身にじっくり沁みこませます。
徐々に夜間におしっこを溜められるような温かく休まった心身を目指していきます。

gf01a201409232000[1].jpg

夜間の頻尿は膀胱やおしっこの問題だけではなく、根本にはその方の生命力の低下が考えられます。

東洋的な考え方に基づいた治療では対症的な改善だけではなく、生命力を低下させた原因(疲労・生活習慣・慢性的なストレス・大きな病気や手術・ケガ・出産など)を探しアプローチしていきます。

まずは夜間に尿意で目覚める回数を減らすことから始められてはいかがでしょうか?

東京都江戸川区小岩 千葉 訪問出張 
鍼灸積聚(しゃくじゅ)治療 小児鍼 乳幼児治療 不妊症治療

はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com
0120-012-850
posted by はなのやま at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 頻尿 乏尿 尿閉

2017年09月27日

閉経をむかえて~辛い女性更年期愁訴~

人生50年の時代、閉経の時期は多くの女性にとって寿命の終焉を意味していました。
閉経前に寿命をむかえた女性も少なくなかったでありましょう。

ですが、現代の女性はそれから更に30年以上を生きていくことになります。
fef1d8b97ca1b27326cbcc66bcbcb10f_m.jpg

女性更年期の症状は、不定愁訴の様に見えて、実は現れる症状の一つ一つには
閉経前の体の状態が反映され、分類できるという東洋医学的な考え方もあります。

腎陰虚症、腎陽虚症、腎陰陽虚症、先天的な体質や後天的な生活習慣や嗜好などによるもの。

また、施術中に「隠れ更年期症状では?」と思われる症状も多く、
一見関連が無いような他の症状も更年期由来である場合も少なくないように思います。

DSC03248[1].JPG

妊娠・出産と同じで病気ではありませんが、女性の体内・脳内では大きなバランス変動が続いていきます。

症状が重く自律神経や精神を病めば、一過性ではなく、新たな疾患が生まれ長引くことも懸念されます。

j0386339.jpg

閉経に向け、徐々に閉まっていく「女性ホルモンの蛇口」。

それに上手に適応して(穏やかに着陸して)いけるような更年期症状緩和の為の治療。
それは一見対症療法的に見えて、やはり全身(心)からの土台作りが効果を高めていくと考えます。

江戸川区小岩 千葉県 訪問出張 鍼灸積聚(しゃくじゅ)治療 小児鍼治療 不妊症治療
はなのやま鍼灸院
http://hananoyama-hariq.com
0120-012-850
予約制 不定休(日曜・祝日もやっています)
posted by はなのやま at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性の症状